新車を買うのに頭金が必要な方へ

未分類

新車に乗りたい

新車が欲しい。新車に乗りたい。トヨタのC-HR、ホンダのNシリーズ、スバルのアイサイト、スズキのクロスビーや新型ジムニー、ダイハツのムーヴ、etc…考えただけでもワクワクしますよね。

ローンは借金?費用?

新車を一括で購入できればいいのでしょうが、多くの方は何らかの形で「ローン」を組まれると思います。ローンを「借金」と考えるとマイナスイメージがありますが、電気や水道のように、毎月支払う「費用」と考えると、また違ったイメージになります。自営や経営者の方でしたら、車を買う時は「原価が毎年下がる資産」ではなく「毎月固定の費用」として考えると思います。

いかに頭金を多く入れるか

いずれにせよ、毎月の支払い額を軽くしたり、返済期間を短くする目的で「頭金」を入れることになります。この頭金をいかに多く入れられるかが、ローンを組む時の一つのポイントになると言えるでしょう。

頭金を多く入れるために

頭金を多くするために、今乗っている車をできるだけ高く下取りしてもらえるといいですね。例えばトヨタのヴォクシーに乗っていて、それをトヨタのディーラーで下取りしてもらって新型シエンタの頭金にする。ヴォクシーは人気車種だし、状態が良ければ下取り額も大きくなるでしょう。これがヴォクシーではなくフィットだったり、ワゴンRだったりすると、トヨタ車ではないため下取り価格も下がってしまいます。

大手買取店に持ち込むと・・・

このようなケースで愛車を持ち込むのが、ガリバーやアップル、ビッグモーターなど、メーカーを選ばずに買い取ってくれる買取店です。しかし彼らも商売ですから「安く買って高く売る」のがそのお仕事です。高い頭金を得るために愛車を大手買取店に持って行ったのに、その目論見は外れて安く買い叩かれてしまう。つまり低い頭金しか用意できなくなってしまうのです。大手買取店スタッフに「買取相場の下限はこれで、上限はこれ、今回は上限に近い金額をご提示させていただきました」と言われたら、釈然としないままハンコをついてしまうのではないでしょうか。

公平で透明性の高い車買取

そんな思いをするくらいでしたら「新しい新しい愛車の売り方・三井物産グループの『カープライス』」にお任せいただきたいと思います。カープライスでしたら、全国1,000社を超える買取店、特にあなたの愛車の取り扱いを得意とする業者が、オークションのシステムを使って、競争入札で価格を決めてくれます。全国1,000の入札額の根拠となる査定検査は、専門の教育・訓練を受けた査定検査員が、専用のアプリを使い、決まった角度、決まった手順で写真撮影をし、車両の状態、修復歴の有無などをサーバーにアップロードするという形で提示されます。これほど公平で透明性の高い買取金額決定のプロセスは、これまでなかったと思います。

カープライス仙台店の出張無料査定

カープライス仙台店の査定検査は無料。来店でも出張査定でも、どちらも無料で査定が受けられます。オークションに出品して最高入札額にご納得がいかない場合、ウリキリ価格を超えていなければキャンセルも可能です。

カープライス仙台店に出張無料査定をご依頼される方は >>> こちら までご相談下さい。

コメント