新車の値引き交渉

未分類

ディーラーによる強気の販売

新車が欲しい、でもできるだけ値引いて欲しい、値引きの相場はどのくらいなのだろうか、ディーラー営業マンと値引き交渉はできるのだろうか。新車を買う前に、色々と考えを巡らせる方って結構いらっしゃると思います。私はディーラーの社長や店長クラスの方とお話させてもらったことがあるのですが、今はディーラーも強気の販売をしていて、値引き交渉にはなかなか応じてもらえないのだそうです。その理由の一つとして、新車を売る代わりにお客様のお車を引き取る「下取り」が前よりもうまくいかなくなってきたという時代背景があるのだそうです。

メーカーとディーラーの関係

自動車にはトヨタやホンダ、ダイハツやスズキのように、製造を担当する「メーカー」があります。そして実際に販売を担当するのは「ディーラー」という会社で、通常はメーカーとは別の会社になります。メーカー直営のディーラーもあるにはあるのですがごく少数です。

もともとはどのメーカーの車種も修理していた自動車整備工場が、店頭に特定のメーカーの車を展示するようになり、お客様に特定のメーカーの車を斡旋するようになり、やがて会社名に特定のメーカーの名前をつけて、ディーラーとして営業活動を始めるわけです。形は違えど、どのディーラーも同じような道をたどって今があるのです。こうなると、ディーラーはメーカーには絶対に頭が上がらなくなります。ディーラーから新車を卸してもらえなくなったら死活問題だからです。

メーカーから課されるノルマ

かくしてディーラーはメーカーから「ノルマ」が課されます。ディーラーはメーカーには絶対に逆らえませんから、ディーラーは各店舗に対して「ノルマ」を課します。各店舗は営業マンに対して「ノルマ」を課す、こういう流れです。いい悪いではなく、そういうものなのです。ノルマを課された営業マンは、どうしてもノルマを達成しなければなりませんから、「値引き」という形の「無理」を重ねてしまいます。

値引きの代償

無理を通したらどうなるか。どこかでその「無理」を、別の形で回収しなければなりません。それが「下取り」だったのです。お客様が乗っていた車を相場よりもかなり安い金額で下取りをして、それを店頭に並べて販売することで「回収」していたのです。

しかし「ディーラーの下取りは安い」「車買取一括見積だと高く買い取ってもらえる」という情報が出回り始め、ディーラーも下取りがしにくくなってきたのです。その結果「新車の値引きに応じてもらえない」「値引きが渋い」「ディーラーによる強気の販売」へとつながったのです。ユーザーが「無理」を言った結果、新車の値引き交渉が難しくなったのです。

「無理な値引きを要求するお客様がいらっしゃいます。例えば『この金額でなければ他所に行くぞ』と言うお客様に対しては『どうぞそちらで買ってください』と言うようになりました。どのディーラーでも同様の対応になっているはずです」あるディーラーの店長は私に、しみじみそう話してくれました。

新車の値引きがご希望でしたら

もうそういう流れは変えられないと思いますので、新車の値引きを受けるのでしたら、コネを頼るのが一番だと思います。私はホンダディーラーの社長、トヨタディーラーの店長と先輩後輩の関係なので、私からのご紹介という形であれば、ホンダ車やトヨタ車、ダイハツ車でしたらある程度の値引きは受けられるかと思います。もちろんそれは「必ず買う」という前提となりますからご承知おき下さい。その前提でよければ >>> こちら からご相談頂ければ、ご紹介させていただきます。

コメント