宮城県の郡部にも出張無料査定

未分類

宮城県は広い

宮城県は広いです。沿岸部、平野、山。魚も取れれば熊も出る。南北137km、東西112kmですから仙台市からどこでも2時間あれば行けるはずなのですが、どこでも高速道路や幹線道路があるわけではないので、場所によってはもっと時間がかかります。宮城県人が「郡部(ぐんぶ)」と言う場合、乱暴に訳せば「仙台以外の遠いとこ」という意味です。「今日は郡部への配達だや~」「んでは1日仕事だなや」「んだ。ほとんど移動だや~」運転のお仕事をされている方はこんな会話を交わしています。

郡部への主張査定は楽で楽しみ

実は仙台市内の出張査定、特に市街地への出張査定は、駐車場や渋滞で困ることが結構あります。駐車場がないお客様の所に、電車+徒歩で伺ったり、バイクで伺うこともあります。それと比べたら、駐車場の心配もなく、渋滞に悩まされることもない郡部への出張査定は、実は楽なのです。遠方であれば、ちょっとした小旅行となり、現地でしか味わえない食事なども、実は楽しみなのです。

郡部への出張査定は次のお仕事につながりやすい

また、郡部への出張査定で移動中に不思議と次の査定依頼を頂くことが多く、次のお仕事につながりやすいのです。次のお仕事につながりやすいという意味では、査定に行った先で「これ塗装してけねがや?」「タイヤ処分頼めっかや?」「次のクルマ、どっかいいとこあったら教えてけね?」という感じで、別のお仕事につながりやすいのです。

同じ宮城県人

同じ宮城県人ですから、「3.11の時何してだのすか?」「こないだの台風しどがったねぇ」という感じで、方言を交えながら会話もできますから、親しみを感じてもらえるようです。沿岸部は津波の話、山間部は獣害、平野部は大雨の話が始まると、止まらなくなりますね。

早めの到着、早めの終了

今はどこにでもコンビニがありますから、査定検査前のひと時はコンビニの駐車場で過ごすことが多いです。およそ40分前には現地を確認して、コンビニでお昼を食べながら時間を過ごし、30分前に確認の電話を入れてから現地に向かいます。仙台の市街地だと時間通りに到着しないと嫌な顔をされることもありますが、郡部の方は早めの到着が喜ばれますね。

郡部への出張査定も喜んで

郡部にお住いの方でお車を手放したいという方は、ぜひ出張査定をご用命ください。郡部への出張査定ももちろん無料です。「ここまで来てくれるかな?」と思った方は、ぜひ >>> こちら までご相談下さい。「新しい愛車の売り方・三井物産グループの『カープライス』」で間違いなくご売却いただける方であれば、喜んで伺います。

コメント