名取市で車を高く売りたい

Uncategorized

住みよい街として有名な名取市

宮城県名取市は、宮城県の中でも大変住みやすい街として最近脚光を浴びている市です。国道4号線を境に、海側には閖上、杜せきの下、美田園などの住宅街があり、山側には愛島台、愛島郷、愛の杜などの住宅街があります。1軒の敷地が広く確保してあり、3台分の駐車スペースがあるお宅も珍しくありません。家の作りも重厚な家が多く、所得の多い方々の住む街と言えるでしょう。駐車場に停まっている車をみると、新車価格が200~500万円台の車が並んでいて、そのことを裏付けています。

カープライスに一任

先日は名取市の愛島台(めでしまだい)というところで査定検査をさせていただきました。道で遊ぶ子供たち、犬の散歩をする人、お庭でノンビリDIYを楽しむ人。目が合えば笑顔で会釈してくれる、そんな感じで、心にも余裕のある方々の暮らしぶりが感じられました。何社にも査定依頼を出して比較検討するのではなく、カープライス一社に任せてもらう、そんな感じのお客様でした。

人気車種・ワンオーナー・3年以内

お車を拝見すると、数年前に発売されたトヨタの人気車種で、まだ1回目の車検を迎える前のお車です。距離も2万キロ弱、ボンネットを開けてみてもエンジンルームが全く汚れていなくて、「新車?」と思えるような状態のお車でした。新車で買って、ワンオーナーで、2年経ったら売って次の新車を買うのだそうで、まさに「新車のグッドサイクル」を地で行く方でした。

新車のグッドサイクルで日本の経済を回しましょう

新車のグッドサイクルとは、新車を買って1~2年乗り、最初に車検が来る前に高値で売却し、そのお金を頭金にしてまた新車を買うというサイクルのことです。新車で買って乗りつぶすのではなく、2年ごとに新車に乗り替える。こうすることで常に新車に乗り続けることができるのです。車は日本の基幹産業の一つですから、新車を買うことでディーラーやメーカーが儲かり、社員が潤い、経済が活性化していきます。つまり新車のグッドサイクルに乗っている人は「日本の経済を回している人」とも言えるのです。

新しいうちに・走らないうちに・コスらないうちに

1~2年で売却された車はどうなるかというと、整備や修理が行われ、きれいに磨かれて、程度の高い中古車として販売店の店頭に並びます。1~2年しか乗っていない車ですから、少し手入れするだけで店頭に並べることができます。新車として登場した時点では手に入れることができなかった方も、程度のいい中古車であれば手に入る金額になっていますから、望んでいた車が手に入ることになります。そうすることで中古車屋さんが儲かり、社員が潤い、経済が活性化していくのです。

カープライスで日本の経済を回しましょう

「新しい新しい愛車の売り方・三井物産グループの『カープライス』」で、新車のグッドサイクルを構築し、日本の経済を回す一端を担ってみませんか?カープライス仙台店が「1円でも高く」売れるように、査定検査をさせていただきます。

カープライス仙台店へのご相談は >>> こちら

コメント