仙台市内で車買取・車査定を受けるなら

未分類

食レポは最初の一軒目が勝負

商店街にテレビの取材が来て、食べ歩きのレポート(食レポ)が行われたとすると、最初の一軒目のお店は、レポーターやテレビクルーに「これもどうぞ」「これも食べてみて下さい」と、バンバンサービスするのだそうです。その理由が面白いのですが「満腹にさせておけば、次のお店のレポートは美味しそうに見えないから」なのだとか。この方法、他社と比較検討される業種でしたら何でも使えそうですね。

仙台市内の幹線道路沿いには沢山の中古車販売店が

仙台市内、特に幹線道路沿いには、沢山の中古車販売店があることに驚かれると思います。国道4号線バイパス沿い、県道8号仙台松島線(利府街道)沿い、国道45号線沿い、県道23号仙台塩釜線(産業道路)沿い、国道286号線など、主要な幹線道路にはガリバーやオーエスなどの車買取業者が隣接しています。仙台市宮城野区、東部仙台は特に、陸運支局やディーラーが集中しているため、なおさらそのような印象がありますね。

丸一日使って、回れるのは4~5業者

仙台市内、宮城県でそれらの車買取業者を回って、車査定を受けて、一番高い業者に売却したいと考える方って結構いらっしゃると思います。ですが、ちょっとまってください。現実的に、一日で何店舗回れると思いますか?査定を受けてから見積書を受け取りまで、最低でも1時間はかかります。開店が10時だとすると、移動時間も考慮して、午前中に回れるのは最大でも1~2店舗。お昼を挟んで午後に回れるのはやはり、2~3店舗と言った所でしょうか。

バラバラなフォーマットの見積書で比較検討できる?

そうやって丸1日かけて5枚の見積書を手に入れたとします。見積書のフォーマットは、どの会社もバラバラです。なかには手書きのメモ的なものもあれば、かなり詳細なものもあるでしょう。陸送費の扱い、諸経費の戻り分、名義変更の手数料の扱いもそれぞれ異なりますから、横一列に並べても単純に比較はできません。車を売ることに関しては素人のあなたが、並んだ見積書の中から「愛車の本当の価値を正しく評価してくれた業者」を見切ることができるのでしょうか。

最初の1軒目で強引な「引き止め」

何より、午前中に回った業者から、結構「引き止め」があったはずです。「今週はキャンペーン期間中なので買取金額が10%UPです!」とか「ここ以上高い買取金額の業者さんはいません!」とか、若い査定士が汗だくで査定して「この金額がうちで出せる精一杯の金額です!」と出されて何となく情に流されて妥協してしまうこともありますよね。食レポの話にも通じると思いますが、午前中に査定に来られたお客さんを他所に行かせない工夫を色々としてくるはずです。

最初からカープライスにお任せいただければ

であれば、安易に妥協せず、全国1,000社を超える買取業者の中から、オークションで一番高い買取金額をつけてくれた業者に売却する方法があれば、それが一番ですよね。「新しい新しい愛車の売り方・三井物産グループの『カープライス』」でしたら、何社も回ったり、引き止めにあったり、情に流されたり、比較検討で悩むこともなく、質の高い査定検査と、透明性の高い買取金額の提示が受けられますから、最初から「カープライス」にお任せいただけるのが一番だと思います。

カープライスへの出張査定依頼は >>> こちら

コメント