仙台で車を高く売る方法

未分類

愛車を売るなら「今」です

仙台で車を高く売りたい、宮城県内の買取店の中から一番高い買取金額を付けてくれたお店に売りたい、愛車に対する価値や、思い入れも正当に評価して買い取って欲しい。そうお考えの方って、結構いらっしゃると思います。もしあなたの愛車が今年3年目や5年目を迎えるのでしたら、ご売却のベストタイミングはまさに「今」です。

売るなら値段が下がる前に

「車種」「年式」「走行距離」「修復歴」という言葉があります。この4つが車の買取金額を決める重要な要素であることは間違いありません。特に「年式」が新しい車は、走行距離も少なく、事故や修理も少ないでしょう。一般に6年が経過すると、車の価値は急激に下がるようです。月1,000キロ走るとすると、1年で12,000キロ。6年で72,000キロとなり、故障が出始める時期になるからです。もちろん72,000キロも走れば鈑金塗装を伴う修理も経験しているでしょう。ですから、市場価値が下がる前に、走行距離が伸びてしまう前に、事故を起こす前に、ご売却して欲しいのです。

ご売却の一番いいタイミング

では6年以内ということでしたら、ご売却のタイミングはいつが一番いいのでしょうか?私がオススメするのは、最初の車検と、2回目の車検の前です。この2つのタイミングが、ご売却には一番適しています。もちろんどちらかと言われたら、3年後にやってくる最初の車検で売るのがベストです。

新車のあの感動

新車に乗り始めた時のことを思い出してみて下さい。素材の匂いが車内には残り、走行距離はまだ1桁や2桁。ボディはキズ一つなく濡れたように光っていました。ガラスは透明で、雨が降ってもワイパーを掛けるだけで水滴がきれいに掃けていましたよね。ガラスにウロコはなく、雨粒はとどまることなく重力にしたがって落ちていき、走れば後方に流れていきました。アクセルを踏んでも、ハンドルを切っても、レスポンスは良くて、故障するなんてとても想像できなかったでしょう。

3年も経つと・・・

でも3年経ってみると、ダッシュボードにシール跡やキズがついていたり、シートの縫い目にはホコリが入り込んでいたり、足元のマットレスには小石や砂。ガラスにはいつのまにかウロコができていて、雨がふればそこに雨水がたまる。いつの間にか、新車状態から随分と変わってきたのではありませんか?

新車のあの感動をもう一度

それでも新車の時のあの感動を十分に味わいましたから、これ以上汚したりキズつけたりする前に次のオーナーの方にお渡しして、ご自分は次の新車に乗ってまたあの感動を再び味わっていただければいいのではないでしょうか。あなたを中心にして、日本の経済が回りだすのですから。

お車をご売却したいという方は >>> こちら

コメント