仙台で車を売りたいけどトラブルが怖い

Uncategorized

愛車のご売却でトラブルになることも

仙台・宮城で愛車を手放したい、だけど車査定でトラブルになるのが怖い、安心して任せられる業者はどこかしら?そういう方って結構いらっしゃると思います。車買取の際にトラブルになるのは、査定士が主観で買取金額を決めたり、査定額が異常に安かったり、査定士の接客態度に問題がある場合に、トラブルになるようです。

車の買取にも不動産販売会社の気質が入ってきた

家やマンションなど、高額な商品を扱う会社というと、歩合制の給料で、社員は皆体育会のイメージがありますね。一生に1回の買い物で、扱う金額が大きく、その1件を取れるか、取れないかで売り上げ目標を達成できるかどうかが左右される。目標を達成できればボーナスで、達成できなければ給料すら危うい。そういう気質の会社が中古車買取業界にも進出してきて、そういう立場の社員さんが「査定士」として派遣されるわけです。

カープライス仙台店が来ると安心されるようです

体育会気質の査定士は、ノルマや生活を背負って査定に来ています。安く買い取れればそれだけ会社は儲かるし、自分の懐も潤う。でも買い取れなければノルマ達成は不可能で、生活すら危うくなる。だから少々強引な買取をしたとしても許されると思っているのです。しかしそれが社会に通用するかどうか。ましてや目の前にいる、体育会ではなく、ごく一般的な日常を送る善良なお客様に通用するかどうか。そこに考えが及んでいないのではないでしょうか。

愚痴を聞く時間も必要ですね

私が査定に伺ってご挨拶をし、名刺を差し出し、お車を拝見しながらセールスポイントを聞き出すと、ホッとした表情で話をし始めるお客様が結構いらっしゃいます。どのお客様も、一度は車査定で嫌な思いや怖い思いをしているのでしょう。どんな人が査定に来るのか、人柄が分かるまではとても不安だったようです。査定に必要なことだけではなく、怖い思い、嫌な思いをしたということを急に話し始めるのです。

愚痴や不満を聞く時間も必要ですね

実は私も車査定で嫌な思いを経験した一人ですから、お客様の気持ちはとてもよく分かります。ですから、できるだけ不安を取り除いたり、気持ちよく過ごせるように配慮しています。他社の査定士さんに対する愚痴や不満であっても、「そうでしたか・・・嫌な思いをされましたね、大変でしたね」という感じで、できるだけ聞くようにしています。そうやって愚痴や不満を吐き出していただくことでこちらも経験を積んで勉強になりますし、お客様もスッキリして、愛車のセールスポイントを思い出しやすくなるというメリットもありますから、お互いにとってプラスになるのです。

安心して愛車のご売却を任せたいという方は >>> こちら

コメント