仙台で営業車を手放したい方

未分類

仙台で営業車を手放したい方は

仙台でプロボックスやサクシード、ハイエースやキャラバンなどの営業車を何台か使っているけれど、業務縮小により不要になった、年間走行距離もほとんど伸びていない営業車があるので、車検の前に思い切って手放したい、そういう事業主の方って結構いらっしゃると思います。

営業車を売却する場合

今は営業車と言えば「リース」が多いと思います。リースで一定期間乗り続けて、最後に残価をお支払いして名義変更(名変)して乗り続けるというケースが結構ありますよね。ナビやETC、ドラレコ、あるいは道具類や材料を整理するための棚などを載せたので、今さら乗せ換えるのもちょっと面倒。そういうケースですね。でも業務に合わせて車も増やしたり、減らしたりするものですから、営業車を手放すという場合も当然あるでしょう。

中古の営業車が欲しい方

営業車は意外と需要があります。会社から独立して一人親方を始める人や、職人として独立して稼いでいくと決めた人が真っ先に目を付けるのが、中古の営業車なのです。営業車ですから、多少汚くても、働いてくれればOK。エアコンの効きが悪くても、窓を開けて走ればOK。独立したばかりの一人親方や職人さんはそういう方が多いのです。

営業車のキズや凹みは

つまり営業車の中古車にも「需要」があるということですね。需要があるのですから、買取金額もそれなりの金額になるでしょう。乗用車と違い、外装のキズや凹みはあまり問題にならず、むしろ「走る」「曲がる」「止まる」「積む」がちゃんとできればOKなのです。

カープライスで営業車のご売却

そんな営業車の場合でも「新しい新しい愛車の売り方・三井物産グループの『カープライス』」はきっとお役に立てるでしょう。全国1,000社の買取業者の中から、営業車の売却を得意としている業者が集まってきて、ネット上の「オークション」で競い合いながら値段を決めてくれます。想像以上の買取金額がつくことが多く、「支払いに間に合って助かった」「新しい道具を買えた」「職人にボーナスが出せた」などの喜びの声が聞こえてくることも。

営業車の査定検査で見るべきポイント

職人さんが道具や材料を積んで走る車は会社と現場の往復が多く、現場でぶつけた、こすった、当てられたなどがあるため、大なり小なり凹んだり、キズがついているものです。それを乗用車と同様に評価するのは流石に忍びないので、私は営業車としての機能の面をできるだけ見るようにしています。「走る」「曲がる」「止まる」に加えて、「積む」「吊り上げる」「油圧がきちんと伝わっている」など、営業車の形状や機能によって見るべき点がまた変わってくるのです。

買い手側の見たいところを見せる

買い手は全国の営業車買取専門店ですから、営業車買取専門店が見たいこと、知りたいことをきちんと伝えることが、査定検査員の役目ですね。

営業車の高価買取は >>> こちら

コメント