仙台から転勤で車が不要になったら

Uncategorized

大企業では避けて通れない「転勤」

全国に支店を持つ大きな会社では、そろそろ人事が動き出す季節ですね。新年度から新しい職場、新しい配属先で活躍してもらい、色々な経験を積んでもらい、会社のプラスになる人財になって欲しい、そういう思いがあるわけです。同じ勤務地ではどうしても「なれ合い」が出来てしまいますので、何年か勤務したら違う場所で再び活躍してもらう。そうすることで偏った仕事のやり方に染まらずに、柔軟な思考力を持つ人になれるのです。

地方都市から大都市への転勤の場合

東京や大阪から地方都市に転勤でしたら車が必要になる場合もあるでしょうが、逆に地方都市から東京や大阪に転勤する場合、車は不要になります。東京や大阪は交通網が発達しており、車よりもむしろスムーズな移動が可能になります。車の維持費の一部に「駐車場の月額料金」がありますが、東京や大阪ではむしろ、駐車場代が高く、車を維持するのはなかなか困難でしょう。

オークションに出して車を現金化

そういう事情もあり、地方都市から東京・大阪へ転勤される方の多くは、それまでマイカーとして乗っていた車を手放されるようです。車を手放す先ですが、引き続き地方都市で勤務を続ける後輩に譲ったり、懇意にしていた整備工場の代車として使ってもらうなど、色々な方法はあるかと思いますが、どうせなら車査定を受けてみて、現金化してみては如何でしょうか?車検のタイミングもあるでしょう。車検が近いのでしたら、更新せずにそのままご売却、ご売却後に車が必要になったらレンタカー、というのが良いかと思います。

転勤の内示を受けたら

転勤の内示を受けて、車を手放すことになりそうな時は、まず >>> こちら までご連絡下さい。現在の相場情報をお調べします。相場情報には「幅」があり、はっきりとした金額は査定検査をしてみないと分かりませんが、ご売却の日にちがはっきりしているのであれば、その1か月前に査定検査を受けてオークションにご出品という流れが一番良いと思います。

大手の買取店がオススメできない理由

大手の買取店に査定依頼するのも良いのですが、これはあまりオススメできません。査定士が「歩合制」で働いていると、安く買い取るために多少の強引さや、大げさなセールストークが許されると思っている場合があるからです。誰しも一度は車買取で嫌な思いをしていると思いますが、そういう背景があるのです。

転勤が決まり車を手放すことになったら >>> こちら までご相談下さい。

コメント