中古車のバッドループを抜け出すには

未分類

新車に乗りたい

新車に乗りたい。でも新車は手が届かない。仕方なく中古車に乗っている。でも中古車を買うと、後から後から故障が出て、手出しが多い。手出しが多いから、手離す決断がなかなかできず、ズルズルと中古車に乗り続けてしまう。いよいよ修理代が20万円を超えるような故障が発生して、仕方なく手放す。そして次も中古車を探す。新車に乗りたいけれど、新車はまだ遠い・・・こういう方って、結構いらっしゃると思います。

「中古車屋さん」をよく理解しましょう

そういう方は、中古車屋さんという商売がどういうものかをよく勉強された方がいいと思います。中古車屋さんは「安く買って高く売る」という、商売の基本を忠実に守る、商売人の鏡とも言える方々なのです。

家一軒分の空き地があれば

家一軒分の空き地にプレハブの小屋を置いて、土がむき出しの地面に中古車を並べている光景をよく見かけます。中古車屋さんは、土地、事務所、玉(中古車のこと)がそろっていれば、簡単に商売が始められるのです。中古車屋さんを始めるのは、車のことをある程度知っていて、書類の書き方を知っている人です。ディーラーの整備士や町工場の整備士が、整備技術を極める前にドロップアウトして始めるのに最も適した商売が中古車屋さんなのです。中古車は利幅も大きく、簡単に始められるだけに、廃業も簡単で、始めたと思ったら1年で借金を抱えて夜逃げ、気が付いたら更地になっていたなんてことはザラにあります。

5万円で買い取り50万円で売る

そういう方の経営する中古車屋さんに車の査定を依頼したらどうなるかは、だいたい想像がつきますよね。「安く買って高く売る」のが商売の基本ですから、できるだけ安く買おうとします。アピールポイントではなくウィークポイントをいくつもいくつも挙げて、5万円程度の値段をつけて買い取り、店頭に並べる時には50万円。売れれば差額の45万円が懐に入る・・・なんてことが普通に行われています。

買取金額は「主観」で決まる

買取金額は中古車屋さんの主観で金額が決められてしまいます。そこに「根拠」は何もなく、透明性はゼロと言えるでしょう。そうして買い取った車は、外装を磨いて店頭に並べ、買い手がついたら車検を通して売るのです。表示されている金額は車両本体価格で、車検を通せばさらに15万円がプラスされて請求されるのです。せめて車検整備をちゃんとしてくれればまだいいのですが、タイヤすら外さずに車検を通すなんてことすらあるようです。

誰がババを引くのか

どうでしょうか?そういうご商売をされている方から中古車を買ったら、果たして何が起きるのでしょうか?
その中古車屋さんに車を売った人は知っています。この車はこれから故障が頻発するということを。その車を買った中古車屋さんも知っています。この車はこれから故障が頻発するということを。でも現時点で故障がなければ「現状渡し」の一言を添えて普通に販売されるのです。

誰に責任を押し付けるのか

これが「買ったはいいけど後から後から故障が出て、手出しが多い」となる理由です。そういう車を掴んでしまったら、中古車のバッドループにはまってしまいます。ですから私は言うのです。今乗っている車をサッサと売って、そのお金で新車に乗って欲しいと。新車は故障と無縁です。故障したらそれはリコールやサービスキャンペーンの対象で、ディーラーに責任を押し付けることができます。つまりご自分の手出しはないのです。

中古車のバッドループから抜け出すお手伝い

故障の不安も、修理代の心配もなく、新しい車に乗って本来したかったことに専念する。それがとても大切なのだと思います。

中古車のバッドループから一刻も早く抜け出してください。そして新車に乗る喜びを味わってください。私はそのお手伝いをさせてもらっています。詳しくは >>> こちら までご相談下さい。

コメント

  1. […] 新車を買う余裕がないので、中古車を買う。中古車を買うと故障で後から手出しが出る。大きな故障が出てようやく手放して、また中古車を買う。そんな方がハマる「中古車のバッドループ」について、先日の記事でお話させてもらいました。このループは一度ハマるとなかなか抜け出せないものですが、そこから抜け出す方法があります。 […]