ディーラー営業マンの車は高く売れる

未分類

ディーラーの社員なら常に新車に乗っていて欲しい

ディーラーの社員、特に営業マンやセールスマンの方々には、常に自社の新車に乗っていて欲しい、そう思います。例えば平成一桁の車でお客様の所に乗り付けて「こんにちは!新車いかがですか?」と言われたらどう思いますか?笑われるか、怒られるかのどちらかですよね。どっちにしても新車は買ってもらえないでしょう。つまりディーラーのセールスマンは、常に新車に乗り続けていないとならないのです。

今乗っている車を高く売りたいのに・・・

常に新車に乗り続けるためには、今乗っている車を高く売って、そのお金を頭金にして次の新車を買う。これができればいいのですが、その「車を高く売る」というのがなかなかに難しいことなのです。ディーラー勤務の方であれば、その難しさはよくご存じの事かと思います。

その理由の一つに「車台番号」があるのではないでしょうか。中古車屋さんに売却したり、オークション代行に依頼すると、どこから「車台番号」が自分の会社に漏洩してしまうか分かりません。「この車を他所に流したのは誰だ!」と海原雄山ばりに怒鳴り込まれる姿をつい想像してしまいます。となるとあきらめて自社に安く卸すか、親戚に個人売買するしかありません。自分の会社から買った自分の車なのに、迂闊に売ることもできないというのはなかなかツライですね。

ディーラー営業マンの車なら高く売れる

ディーラー営業マンは、自分の会社で売っている車を買い、普段はそれに乗っています。当たり前ですね。ディーラー営業マンが車に傷をつけたり事故を起こすわけには行きませんから、普段から安全運転を心がけているし、メンテナンスも、洗車もマメに行っているでしょう。新車で買うから当然ワンオーナー。そういう車は高く売れるのです。ですからまだ新しいうちに、走らないうちに、コスらないうちに、売って欲しいのです。

カープライスなら、様々な問題をクリアできる

「でも買取金額が・・・」「でも車台番号が・・・」という心配があるかと思いますが、オークションによる競争入札で価格を決定し、仲介業者を挟まずに持ち主から直接買取業者に引き渡す仕組みがあれば、価格の問題も、車台番号の問題もクリアできるのではないでしょうか。売主には高い買取金額が振り込まれ、買取業者は質の高い中古車を手に入れ、それを店頭に並べればエンドユーザーに高く売れる。まさに三方良しの仕組みが「新しい愛車の売り方・三井物産グループの『カープライス』」です。

高く売ることができれば

今乗っている車を高く売ることができれば、それを頭金にして次の車を買うことができます。ディーラー社員が自ら新車に乗り、営業活動に活用することで、宣伝効果も高いでしょう。

何より新車に乗れる自分はすごい、と自己重要感も上がるのではないでしょうか。新車に乗る喜びを誰よりもよく知っていれば、その喜びをお客様に伝えることができるはずです。それが営業成績UPにつながるのは間違いないでしょう。

ご相談ください

ディーラーの営業マンで、内々で車を売りたいという方は >>> こちら までご連絡下さい。あなたの素性が漏れたり、バレたりすることはありません。すでに何人かの営業マンの方にもご利用いただいていて、買取金額にはご満足いただいております。

コメント